デジタルサイネージとは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

デジタルサイネージとは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

デジタルサイネージの仕組みや機能

デジタルサイネージの仕組み:コンテンツ配信に必要な構成要素

ここでは、デジタルサイネージの運用に必要な4つの主要な要素、すなわち「表示装置」「プレイヤー」「ネットワーク」「配信システム」について詳しく解説します。

「表示装置」というのは、コンテンツを視覚的に伝える機器で、液晶ディスプレイやLEDビジョンなどが該当します。

プレイヤー」というのは、コンテンツの再生を制御する装置で、具体的にはセットトップボックスなどが該当します。

ネットワーク」というのは、表示装置とプレイヤーをつなぐ通信網のことを指し、有線や無線といった接続方法が選べます。基本的に通常のネット回線があれば大丈夫です。

配信システム」というのは、コンテンツの配信や表示スケジュールを管理するシステムで、クラウドやオンプレミスといった種類が存在します。配信システムの選択は、運用の一貫性や情報更新のスピードに影響を与えるため、重要な選択となります。

以上の四つがデジタルサイネージの主な構成要素です。

デジタルサイネージの機能:手動または遠隔で操作

デジタルサイネージの機能としては、手動操作型サイネージと遠隔操作・ネットワーク型サイネージが存在します。

手動操作型サイネージは、ブラウザから直接メモリーカードなどを挿入し、コンテンツを更新します。小規模な利用や細かいリアルタイム操作が求められるシーンに適しています。

一方、遠隔操作・ネットワーク型サイネージは、ブラウザを通じてインターネットの配信システムからコンテンツをダウンロードし表示します。大規模な運用や定期的な更新が必要な場合には効率的です。配信スケジュールを設定すれば、人手を介さずに自動更新が可能になり、運用の手間を大いに減らすことができます。

デジタルサイネージのサイズの決め方のコツ

デジタルサイネージを導入検討する際、ディスプレイの設置向きを縦型・横型どちらにするか検討するだけでなく、サイズが多くあるため、どのサイズを選ぶべきかなのか、悩まれる方は多いのではないでしょうか?導入の目的や利用用途に沿って、ディスプレイのサイズや特徴を把握する必要があります。

インチと縦横比の関係

デジタルサイネージを効果的に使用するには、そのサイズの選択が重要な要素です。

その中でも特に重要な、「インチ」「縦横比」の関連性について解説していきます。

「インチ」とは、対角線の長さを表すときに使用されます。業界標準としては32インチ、42インチ、55インチ、65インチなどがよく使用されています。ここで注意しなければならないのが、インチ数が同じでも画面の大きさは異なるということです。

また、画面の形状、つまり縦と横の関係は「縦横比」で定義されます。こちらも同様に縦横比が変わってもインチ数が同じになる場合があります。そのため、ディスプレイのサイズを選ぶ際には、画面の縦横比とインチ数の2つの数値をチェックする必要があります。

多くのデジタルサイネージ縦横比は「標準サイズ(4:3)」「ワイドサイズ(16:9)」が主流となっています。

設置場所による選び方

人々が集まる店舗入口や展示会のエントランスには、大画面のデジタルサイネージを設置すれば視認性を最大限活用し、多くの人々へ情報を伝えることができます。しかし、小売店のレイアウトやレストランのテーブル上など、視聴者との距離が近くコミュニケーション性が求められる場所では、小型のデジタルサイネージが適しています。これらは視覚的なインパクトと情報提供のバランスを保つことで、訪れるお客様に適切な印象を与えることができます。そのため、設置場所の特性や目的を精査し、デジタルサイネージの大きさを選ぶ際は、その両面を考慮した戦略が必要です。この考え方に従い、デジタルサイネージを選ぶとその利点をより効果的に活かすことができます。

一般的に屋外用は50インチ~75インチ程度、屋内用は40インチ~50インチ程度、店内POPなどは10インチ~20インチ程度のサイズが主流です。

さらに青色発光ダイオードの開発より、LEDビジョンの開発が急激に進んだことによりデジタルサイネージ分野でのLEDビジョンの活用が増えてきています。LEDビジョンは環境に影響されることがなくどこにでも設置可能でサイズもどこまでも大きくすることが可能です。

デジタルサイネージによるメリット

最新の情報の更新や、 ターゲットに合わせて柔軟に表示内容を変えられる

デジタルサイネージの大きな利点の一つは、情報が迅速に更新できることです。伝統的な看板やポスターは物理的な印刷物に依存していましたが、デジタルサイネージではインターネットを通じて、いつでも情報の更新が可能です。これにより、最新の情報をリアルタイムで正確に伝達でき、ビジネスの対応力が大幅に向上します。

また、デジタルサイネージのもう一つの利点は、表示内容の柔軟性です。ターゲットに応じて内容を気軽に変更できるため、具体的には昼間は家族連れ、夜間は若者向けの広告を配信するなど、時間帯や訪問客の属性に対応した変更が可能です。

デジタルサイネージのこれらの利点は、ターゲットへの訴求力を大いに高め、ビジネス効果を最大化します。導入を検討している段階であっても、その有効性と可能性を考えると、デジタルサイネージの採用はビジネスにとって重要なステップとなるでしょう。

場所を選ばない視認性の高さ

デジタルサイネージの利点は、鮮明な画面と高い視認性です。このシステムは特有の明るさを放つことで、夜や遠くからでも注目されやすく、視線を引きつけます。また、設置場所に制限はありません。店舗の外壁だけでなく、店内、エレベーター内、車内といった狭い空間でも設置可能です。これにより、通常の看板よりも多くの人の目に留まる機会が増え、情報の伝達効果を最大限に引き出せます。細心の注意を払って設計された内容と鮮やかな画面で、印象的なメッセージを与え、ビジネスの成功に貢献します。

科学的エビデンスによる高い宣伝効果

実際、デジタルサイネージが顧客の生涯価値を向上させることが科学的な研究からも示されています。研究によると、デジタルサイネージの広告は、視覚的なインパクトがあるため、従来の印刷広告よりも消費者の記憶に強く残るとされています。これは視覚的な魅力を持つ広告が記憶に残りやすいという心理学的な事実を活用しており、消費者の購入意欲を引き立てる効果があることが確認されています。

印刷物の張り替えなどのコスト削減

デジタルサイネージは、一度設定すれば容易に情報更新ができる最新の技術です。印刷物の制作や張り替えのコスト、そしてそれにかかる時間を大幅に削減することができます。デジタル化した情報の管理は簡単で、誰でも使いやすいユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴です。このため、ビジネスオーナーやマネージャーは業務を効率化し、経済的な負担も軽減できます。さらに、デジタルサイネージの導入は長期的に見ると運用コストを更に削減することが可能です。これらの理由から、デジタルサイネージは情報伝達手段として非常に有用性を発揮します。ぜひ、その効果を体感してください。

デジタルサイネージ運用場所

屋外設置広告

街角やビル間に多く見られる屋外デジタルサイネージは、通常の看板やポスターとは違う、ダイナミックな広告の手段や情報発信ツールとして働きます。映像と音を活用することで、強い訴求力を持ち、人々の視線を自然と引き、メッセージを効果的に伝達できます。

屋外のデジタルサイネージを設置することで、自身の店舗の宣伝広告はもちろんのこと、他企業のCMなどを流すなどして広告収入なども見込めます。

案内情報の表示

公共の集合場所やビジネスの現場で、タッチ式デジタルサイネージが注目されています。特に駅や空港、商業施設では、案内情報の表示に効果的に活用されています。

タッチ式デジタルサイネージの最大の特徴は、インタラクティブ性です。静止画だけでなく、動画を使用することで、視覚的に理解しやすい情報を提供できます。また、リアルタイムで情報の更新が可能で、例えば最新の運行情報や施設の開閉情報を素早く伝えることができます。

さらに、適切な運用マニュアルが必要です。社内で共有し、デジタルサイネージの適切な活用法を理解することで、パフォーマンスを最大限に引き出します。

多機能性と機能性により、タッチ式デジタルサイネージは新たな情報伝達の手法として注目されています。これをビジネスに活用することで、効果的な情報配信と顧客満足度の向上に大いに貢献できます。

メニュー表示

デジタルサイネージは、飲食店のメニュー表示を革新するツールとして広がっています。古い紙のメニューとは異なり、ダイナミックな映像や鮮明な写真で飲食店のサービスを豊かに、視覚的に表現できます。デジタルサイネージの導入によって、日替わりメニューや特定時間帯の限定メニューといった、短期間や急に変わる情報を素早く顧客に提供できます。これは、旧式の紙のメニューでは難しかったことで、効率と速度が顧客への情報提供をスムーズにし、結果としてビジネスの効率化に貢献します。デジタルサイネージは、技術の進歩に伴い進化する飲食店ビジネスの強力なパートナーと言えます。

空間の演出

デジタルサイネージは、美術館や店舗の内装など、空間の演出を一新する強力なツールとして、ますます注目を集めています。映像技術を最大限に利用して、非日常的で驚きのある空間を創出することができます。これは、訪れる人々を引きつけ、留まらせる大きな効果を持っています。

さらに、デジタルサイネージを利用すれば、季節感溢れる内容やキャンペーンに合わせた情報を簡単に追加、変更できます。その結果、空間は常に新鮮な魅力で観衆を楽しませ、古びることはありません。

デジタルサイネージのこれらの特性は、ビジネスオーナーやマネージャーが導入を検討する際の重要なポイントです。その効果と可能性を理解すれば、より具体的で効果的な運用方法を計画することができます。もっと深く知りたいと思う方は、ぜひこのチャンスにデジタルサイネージの世界を体験してみてください。

デジタルサイネージ導入のデメリットと課題

導入費用が高額になりやすい

デジタルサイネージの運用においては、メリットだけでなくデメリットについての認識も必要です。

特にコスト面では、通常デジタルサイネージでは本体以外の費用なども含めると想定していたより高額だったということもしばしばあります。そのため本体以外の維持管理費用、定期的なコンテンツ作成にかかる手間や、STBなどの運用コストなどについても考慮する必要があります。

故障するリスクがゼロではない

デジタルサイネージは電子機器の一部なので、全くトラブルがないとは言えません。

そのため、屋外での使用に際しては、雨風、直射日光、温度変化といった自然環境に耐えられる耐久性が要求されます。トラブルが起きた場合への備えとして、修理費用、交換費用、ダウンタイムによるビジネスへの影響を考慮した予算計画や定期的なメンテナンスが必要です。また、予想外のトラブルへの対処法も大切です。

デジタルサイネージの購入・設置レンタルのことならお任せください!

当社 グローバルステージ は2017年より 日本一安いLEDビジョン会社 としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方に もっと身近に をスローガンにかかげ、多くのイベントに携わってきました。(詳細はホームページをご覧ください!)

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・レンタルは グローバルステージ までご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)