デジタルサイネージの法定耐用年数は?製品の特徴や長く使用するコツも徹底解説!

デジタルサイネージの法定耐用年数は?

近年、リアルタイムで最新の情報を表示する便利さからデジタルサイネージのニーズが高まってきています。そのような中で導入を検討する際に『耐用年数』が一つの判断材料となります。そこでこの記事では、デジタルサイネージの選び方や長く活用するためのポイントも合わせて解説しています。是非皆様のお役に立てていただければ幸いです。

デジタルサイネージの耐用年数は?

デジタルサイネージの耐用年数はどのくらい?

デジタルサイネージの耐用年数は、主に「法定耐用年数」および「物理的耐用年数」の2つの視点から解説することが可能です。

法定耐用年数とは、法令により指定されたサイネージの寿命を示す期間で、財務規定や税法などに規定されています。一方で、物理的耐用年数とは、デジタルサイネージが実際に日常的な使用と環境変化に耐え、問題なく機能し続けることができる期間を指します。これは製品の品質や技術レベル、使用環境、メンテナンスの頻度などによって変動します。

法定耐用年数は2~3年程度

日本の税法におけるデジタルサイネージの法定耐用年数は、実は明確に定められていません。これは、デジタルサイネージが多種多様な電子デバイスと同じく、その長さが一様に決まるものではないためです。そのため、一般的には同種の電子機器の耐用年数と同様の2〜3年を目安とすることが多いです。

ただし、ここで重要なのは、この耐用年数が税法上の目安であるという点です。つまり、法定耐用年数=実際に耐用年数ではないということです。耐用年数はあくまで減価償却の計算の基準であり、実際の寿命を保証するものではありません。デジタルサイネージの寿命は、使用状況やメンテナンスなどに大きく影響を受けます。

実際の物理的耐用年数は5年~7年

前述したようにデジタルサイネージの法定耐用年数は一般的に2〜3年とされています。しかしながら、これはあくまで目安です。そのため実際の物理的耐用年数は製品の品質、使用条件、メンテナンス状況と多岐にわたりますが、目安では5年~7年です。運用方法においても、24時間365日稼働させる場合や、厳しい環境下での利用では、その寿命が短くなる可能性があります。

また、デジタルサイネージ機器は精密機械であり瞬時に修理が難しい場合があります。そこで、突然の故障で一時的に使用できない状況を避けるためにも、予備部品のストックや予備の機器をセットしておくといった前もってのリスクヘッジも重要です。さらにメンテナンス体制についても検討し、長期的な運用に向けた準備が必要となります。具体的には、メーカーや販売業者との保守・メンテナンス体制を整えておくことで、万が一のトラブルにも迅速に対応可能な状態を保つことが肝心です。

デジタルサイネージと看板の耐用年数を比較|メリット・デメリットを解説!

長年にわたり広告や案内のツールとして利用されてきたアナログ看板からLEDビジョンを使用したデジタル看板が進展し、更に宣伝効果を上げることが可能な「デジタルサイネージ」が近年話題になっています。そこでデジタルサイネージとアナログ看板のそれぞれの耐用年数を比較しましょう。さらに、デジタルサイネージを使用する際のメリットとデメリットについても解説していきます。

デジタルサイネージとアナログ看板の耐用年数の比較

耐用年数で比較するとアナログ看板が圧倒的に有利です。アナログ看板はメンテナンス無しでおおよそ10年から15年と長期に渡ります。また物理的な衝撃がなく老朽化などを気にしなければ半永久に使用することが可能です。一方、デジタルサイネージは電子部品の寿命があり看板のように半永久的に使用することはできません。しかしながら、デジタルサイネージの耐用年数は、設置場所や使用環境、定期的なメンテナンスに大きく影響を受けます。適切な保守と手入れを行えば、その耐用年数は広く延びることも可能です。

デジタルサイネージを使う「メリット・デメリット」

≪メリット≫
情報の更新が非常に容易であることがあります。従来の物理的な看板とは違い、デジタルサイネージでは情報のアップデートが素早く、しかもリアルタイムで行えます。例えば、キャンペーン情報や季節のイベントなど、状況に応じた速やかな情報変更が求められる企業にとって、デジタルサイネージは非常に効率的なツールとなるでしょう。
動画などを使うため印象に残りやすく宣伝効果が高い

≪デメリット≫
初期投資費用と電気代の負担です。デジタルサイネージの導入には、従来の看板と比較して一定の費用が必要となります。さらに、通常の看板では必要のなかった電源が必要なため電気代も考慮する必要があります。しかし、デジタル技術の進化とともに、初期投資費用や運用費用は年々低減傾向にあります。時代と共に技術が進化するデジタルサイネージの導入。
メンテナンスやトラブル時の対応が必要です。デジタルサイネージは精密機械であり故障やトラブルが100%ゼロというわけではないです。

デジタルサイネージの耐用年数は?種類別に徹底比較!

デジタルサイネージといってもデバイスの種類はいくつかあります。そこで、種類別の耐用年数について比較し、それぞれの特徴なども踏まえて解説していきます。

LEDビジョン

LEDビジョンは、他のデジタルサイネージに比べて優れた長寿命が魅力的です。その耐用年数は、一般に50,000時間以上と見積もられています。これは、一日24時間稼働し続けた場合でも、約5.7年という驚異的な耐久性を持つことを示しています。(あくまで参考です)

LEDには時間が経過すると明るさが少しずつ落ちる特性がありますが、LEDビジョンはそのパーツを素早く換えることが可能なため、その問題を克服し、長期間にわたって効果的に活用することが可能です。(予備モジュールをストックする必要があります)

ただし、デジタルサイネージの中でも特に初期導入コストや定期のメンテナンス費用が高めに設定されています。これはLEDビジョンの高品質と長期間の使用可能性を反映したもので、導入を検討する際には、これらのコストと利用の目的や設置環境をきちんと比較検討する必要があります。

LEDビジョンの選択は、その長寿命と高いパフォーマンスから、耐久性と信頼性を必要とする企業や個人におすすめです。しかし、その価値を最大限に引き出すためには、ビジョンの選択から適切なメンテナンスまで、すべての要素を考慮に入れることが重要なポイントとなります。

液晶ディスプレイ

デジタルサイネージの中で最もポピュラーな存在と言えば、液晶ディスプレイです。その耐用年数は大体20,000時間から30,000時間とされており、これを換算するとほぼ24時間稼働し続けた場合で約2.3年から3.4年になります。この液晶ディスプレイは、低コストや高解像度を誇るそのメリットにより、実装に至るまでのハードルが低く、価格面での負担も比較的軽いのが特徴です。加えて、その鮮烈な色彩表現やクリアな画質も魅力的なポイントで、オーディエンスに強烈な印象を与えることが可能です。

ディスプレイ以外のサイネージ機器|ダブレットやプロジェクターなど

近年大きな進化を遂げているサイネージ市場では、タブレットやプロジェクションマッピングといったディスプレイ以外のオプションがどんどん増えています。

タブレットは8000時間から10000時間といった耐用年数が見込まれています。これは約11ヶ月から1.4年の24時間連続稼働に相当します。コンパクトサイズで移動も容易、場所を選ばないその特性から、企業や個人のニーズに素早く対応します。一方、プロジェクターの耐用年数は5000時間から20000時間と幅広く、約7ヶ月から2.3年の24時間連続稼働が可能です。使用環境や機種選択により耐用年数は大きく変わりますが、大空間での使用など、その臨機応変さが評価されています。

デジタルサイネージの導入を検討する際には今一度、用途などを考えて最適な物を選択するようにしましょう。

デジタルサイネージを長く使用するための「4つのポイント」

これまで述べてきたように耐用年数は、その選び方や使い方に大きく左右されます。

ここでは、デジタルサイネージを長く使用するための"6つのポイント"を具体的に解説し、読者の皆様が納得のいく選択ができるようにサポートします。耐用年数の長さを左右する要素について詳しく見ていきましょう。

本記事を通して、デジタルサイネージの効果的な活用法と長期的な管理法をご理解いただければと思います。

1:設置場所に最適な機種を選ぶ

デジタルサイネージを選ぶ際にはその耐久性や機能性を考慮することが必須です。

例えば、屋外で使用する場合や、水濡れの可能性がある場所に設置する場合は、屋外用や防水機能を持った耐久性の高いデジタルサイネージモデルを選ぶことをおすすめします。これにより、機器が持続的に壊れるリスクを最小化し、LEDビジョンの寿命を最大限に延ばすことが可能となります。

さらに、直接日光が当たる場所でサイネージを使用する場合、視認性を確保するためには高輝度パネルを搭載したモデルの選択が望ましいです。長時間の日光曝露による色あせや視認性の低下を防ぎ、ディスプレイの寿命を延ばすことができます。

以上のように、それぞれの設置環境に対応したデジタルサイネージの選択は、その機能性や長寿命を保つための重要なポイントの一つです。

2:衝撃に強い機種を選ぶ

デジタルサイネージを長期間使用していくため、物理的な衝撃から保護することが大切です。耐衝撃性能が高いモデルを選ぶことで、万が一の事故や落下などによる破損の危険性を下げることが可能です。特に、頻繁に人の往来がある場所や、子供の手が届く高さでの設置を検討している場合、衝撃に強い機種を選ぶことが求められます。具体的には高品質なガラスやフレームなどを備えたデジタルサイネージなどがあります。

3:温度管理に気を付ける

デジタルサイネージの寿命を伸ばすための重要なポイントとして、「温度管理」は非常に重要な要素となります。特に、デジタルサイネージが設置される場所の環境温度が高い場合や、冷却ファンのトラブルが起こりやすいケースでは、細心の注意を払うことが必要となります。

デジタルサイネージは、働きすぎによるオーバーヒートや急激な温度変動によるストレスから保護しなければなりません。これらは寿命を著しく短縮させ、パフォーマンスに大きな影響を及ぼす可能性があります。つまり、温度管理のアプローチが必要です。

方法としては以下があります。
1:デジタルサイネージの周囲の温度を適切に把握する必要があります。
2:冷却ファンがついているLEDビジョンでは、ファンが正常に働いているかを定期的にチェックすることが大切です。
3:夜などサイネージを使う必要がない時間帯などは電源を落とすなどして極力サイネージの摩耗を少なくすることが大切です。

4:保証とメンテナンスサービスが手厚い会社を選ぶ

デジタルサイネージを永く信頼して使用するためには、製品購入時の保証期間やメンテナンスサービスの内容が大きな指標となります。保証期間が長く、メンテナンスサービスが手厚いご提供メーカーを選択することで、万が一の故障時でも迅速かつ確実に対応してもらえます。

当社では安心の二年間の無料修理サポート体制があります。また二年以降も修理サポート体制は継続して行います。

最後に:耐用年数や予算から最適なサイネージを選びましょう

本記事では耐用年数の考え方などについて詳しく説明してきました。

デジタルサイネージには、耐用年数は看板には及ばないものの機能的な部分からも絶大な宣伝効果を発揮してくれます。

是非一度デジタルサイネージの導入は、長年デジタルサイネージ業界を経験してきたグローバルステージにご相談ください。最適な機種の提案からコンテンツ制作までのトータルサポートいたします。

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

グローバルステージは6年前より日本一安いLEDビジョン会社としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方にもっと身近にをスローガンに多くのイベントに携わってきました。

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・レンタルはグローバルステージまでご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)