デジタルサイネージ用のコンテンツ作成方法について解説!自作方法やコンテンツ制作ソフトについても徹底解説します

目次

コンテンツの制作からソフトの選び方まで!デジタルサイネージのコンテンツ制作ソフトを駆使して自作する方法を徹底的に解説!

デジタルサイネージは、ディスプレイやプロジェクターなどの技術を使い、情報を発信する手段です。本記事では、デジタルサイネージのコンテンツ作成について、その選び方から作り方まで詳しく説明します。

記事の中では、デジタルサイネージ重要なコンテンツについて、制作方法や種類や形式、効果的なデザインの手法、作成する際の注意点などについても詳しく解説します。さらに、多くのアプリケーションやソフトウェアの中から、どれを選ぶべきかの判断基準などについても解説していきます。

多種多様なデジタルサイネージコンテンツを理解しよう


デジタルサイネージは、静止画から動画、音声付きのコンテンツまで多種多様な表現が可能です。それぞれの特性を理解し、適切に組み合わせて活用することで、最大の効果を発揮できます。

各コンテンツの特性を詳しく見ると、静止画は一瞬で情報を伝え強いインパクトを与えます。動画コンテンツは時間をかけて物語を展開でき、視聴者を引き込む力を持ちます。音声付きのコンテンツは視覚情報だけでなく聴覚情報も同時に伝え、多面的に訴求します。

これらのコンテンツを適切に組み合わせることで、デジタルサイネージは各特性を最大に活かすことができます。情報を一瞬で伝えるだけでなく、視聴者に深く訴え、豊かな視覚体験を提供できます。

ではより詳しく解説していきます。

コスト抑制できる静止画コンテンツの魅力

コストを抑えられるデジタルサイネージの静止画コンテンツの活用が注目されています。静止画コンテンツは素材選びから制作まで手軽で、映像制作のスキルがない方でも説明力とインパクトのあるビジュアルを作ることができます。

静止画コンテンツは情報を短時間で伝える効果があり、企業のメッセージや商品の魅力を一目で訴求できます。これにより視覚情報のインパクトを最大化し、消費者の関心を引きつけ、記憶に残る強いメッセージを形成することができます。

また、コンテンツに応じて静止画を組み合わせることで、消費者にとって見やすい情報伝達方法を選ぶことができます。デジタルサイネージは物理的な制限が少ないため、常に最新の情報を提供し、消費者の注目を引き続けることが可能です。

コストを抑えながら強いインパクトを与える静止画コンテンツは、デジタルサイネージの可能性を最大に引き出すツールと言えます。

高い訴求力を発揮する「コンテンツ」の一つ、動画コンテンツ

デジタルサイネージの大きな特長は「視覚と聴覚を同時に刺激する」ことで、特に動画コンテンツの魅力は絶大です。視聴者は動画の風景や人々の表情、背景音などを通じて、我々の伝えたい情報を多角的に理解します。この特性を活用することで、ビジネスシーンでの制約が多いにも関わらず、長いメッセージを短時間で伝え、視聴者に深く記憶させることが可能です。動画制作の強みがその成果として高い訴求力を持ちます。

しかし、この強みを最大限に活用し、ターゲットに対する効果的な訴求を実現するには、一定の制作スキルが必要です。そのため外注することも検討してもよいかもしれません。

音声付きで集客力を上げる!注目度アップの効果的手法

デジタルサイネージの集客力を上げるために、視覚だけでなく聴覚を活用したコンテンツ作成もおすすめです。

人は視覚と聴覚から情報を受け取ります。デジタルサイネージは販売促進効果や注目度アップの効果が期待できるため、音声付きコンテンツの作成は有効で、競合他社との差別化にも寄与します。

たとえば、人の話し声や音楽を使用することで、単なる情報伝達だけでなく、商品やサービスの雰囲気を表現し、視聴者に具体的なイメージを持たせることが可能です。これにより、視覚と聴覚の両方から情報を伝えることで、理解を深め、記憶にも残るというメリットがあります。

ただ、大きな音での宣伝などは法律面での規制などもあるため、音声ありのコンテンツを考えている場合はその点についても注意が必要です。

具体的なコンテンツ内容

注目のコンテンツ情報をゲット

新情報を積極的に発信することで、常に視覚的魅力あふれる活気のある空間を作り出すことができます。新製品の情報や季節感を大切にしたイベント情報など、手軽に更新できるデジタルサイネージは非常に活躍します。

自社のイメージにあった魅力的なコンテンツで視覚訴求!


鮮やかな色彩や活き活きしたイラスト、効果的な文字配置を用いて視覚的に訴求するコンテンツ制作は、視聴者の興味を引き出し、共感を得ます。自社のブランドイメージにあったコンセプトをもとに作成しましょう。

魅力的な空間を創出するコンテンツの力

お店の雰囲気のためにデジタルサイネージを活用するケースも増えてきました。

デジタルサイネージの活用により、魅力的な空間を創出します。照明やディスプレイの配置、リアルな映像を組み合わせることで、空間自体がコンテンツとなるのです。これにより、訪れた人々に強い印象を与え、記憶に持続的な影響を与えます。

災害/防災に関連した注目のコンテンツ

現代社会では、災害や防災情報の迅速な提供が求められ、デジタルサイネージはその情報発信力で大切な役割を果たしています。災害発生時に情報をリアルタイムで提供したり、防災についての啓発活動を効果的に行うことができます。

デジタルサイネージの特長である緊急情報の迅速な提供や視覚的な情報伝達は、人々の行動を促します。また、適切な情報提供による防災啓発も、先手を打って災害を防ぐ役割を果たします。

自作で挑戦!デジタルサイネージ用コンテンツの作り方とは?

なるべく費用はかけたくない!更新など頻度が高いからできれば自分で作りたい!などコンテンツを自作することを考えている方も多くいらしゃると思います。そこでここからは、デジタルサイネージ用コンテンツを自作する方法について解説していきます。

1. PowerPoint®を活用したコンテンツ

PowerPoint®は多くの方に馴染みがあり最も手軽なコンテンツ作成ソフトです。

PowerPoint®が提供するテンプレート、図形、絵文字を使い魅力的なビジュアルコンテンツをデジタルサイネージとして作成できます。アニメーション機能を利用すれば、動的なビジュアル表現も容易に行え、強い訴求力がある表示板を作成できます。

また、作ったコンテンツはPDFや動画で保存可能です。これにより、パソコンからタブレットやスマートフォン、大型ディスプレイまで、多種多様なデバイスでの表示が可能となります。そして、デジタルサイネージの一番の魅力である、場所や時間、デバイスを問わずに広報やプロモーション活動ができます。

動画制作ソフトの活用法

近年では、YouTubeをはじめとした様々な動画視聴ソフトが増えてきており、それに伴って動画編集ソフトも増加しています。また使い方などについても詳しく説明する動画があったりと手軽に動画編集・コンテンツ作成ができる時代です。そこで当社でも使用している動画編集・コンテンツ作成ソフトについて少しだけご紹介いたします。

静止画のコンテンツを作るならCanvaがおすすめ

Canvaは基本的に無料で利用することが可能で様々なテンプレートがあり非常にクオリティの高いコンテンツを作成することが可能です。しかし動画編集はできないため、Canvaで作成したコンテンツを動画編集ソフト(premiere proなど)で動画にする流れが一般的です。

動画コンテンツを作るならpremiere proがおすすめ

上記で説明したCanvaで作成したコンテンツをつなぎ合わせたり編集したりすることが可能です。ただし有料版しかないため、完全無料で作成したい場合は(PowerDirectorEssentialなど)がおすすめです。

自作で成功する!コンテンツ制作のポイント

これまではコンテンツ作成ソフトやツールについて解説してきました。ここからは、コンテンツ作成のポイントについて解説していきます。

伝えたいメッセージを明瞭に示す

デジタルサイネージ制作の初めのステップは、伝えたいメッセージを具体的に定義することです。そのメッセージがなければ、視聴者は何を理解し、どう反応すべきかが不明確になり、伝えたいポイントがぼんやりとしてしまいます。しかし、伝えたいメッセージが明確ならば、視聴者はどのような行動を取り、どんな情報が得られるかがスムーズに理解でき、その結果として、制作するコンテンツの方向性もはっきりとします。

ローカル特性を反映したコンテンツ作り

デジタルサイネージでは、設置場所や視聴者の性質を生かしたコンテンツ作りが重要です。というのも、特定の地域や文化、季節に焦点を当てた情報を提供することで、設置場所や視聴者と密接な関係を築くことができるからです。

地元の特色を混ぜた情報提供は、視聴者が自己とのつながりを見つけやすくし、メッセージに深く共感しやすくする効果を持っています。これを実現するためには、扱いたいテーマやキーワードを明確にし、それらが地域性や季節感を反映した形で組み込まれていることが重要です。

たとえば、設置場所が観光地であれば、その地域の魅力や観光情報を取り入れ、季節に応じたイベント情報や特産品を紹介するなど、視聴者の関心を引き上げるコンテンツを考えることが必要です。また、業種や商品、ブランドによってもコンテンツ制作には独自のアプローチが求められます。

視覚を引き付けるシンプルで洗練されたデザイン戦略

デジタルサイネージのデザインは、視覚に直接訴え、視聴者の注目を引く力を持っています。そのため、デザイン制作の際は、シンプルさと洗練さに注力することが重要です。複雑なデザインや不適切な色彩の選び方は、視聴者の混乱を招き、伝えたいメッセージの理解を妨げてしまいます。一方、シンプルで洗練されたデザインは、視聴者の理解を円滑にし、メッセージがより鮮やかに伝わります。

具体的なデザイン戦略としては、色彩の選定、タイポグラフィ、画像や動画の適切な使用により、全体の視覚的統一感を出すことです。これらの戦略は、デジタルサイネージを導入を検討している企業の担当者や制作を行う方々の注意を引きつけます。

独自性のあるコンテンツの作成

看板のデザインや装飾だけでなく、その中身が独自性を持つことが集客成功の鍵です。多くても、他と同じ内容なら飾り以上の価値はありません。そのため、店舗経営者やマーケティング担当者の皆さまには、自社の特色や強みを活かした独自のコンテンツ作りを提案します。

自慢の商品や時期による特別なサービスを強調し、他店との差別化を図ることや、地域固有の情報を提供して店舗と地域との結びつきを強めることも有効です。そして必要なのは、その全てに魅力を持たせること。これによって顧客の注目を集め、集客力を大幅に向上させることができます。

キャッチフレーズにも言えることですが、ただ情報を発信するだけでなく、その情報に魅力を加えることで、人々に感動を与えるメッセージになるでしょう。

科学的エビデンスに基づいた色にする

色の選択が飲食店の集客力に影響を与えることをご存知でしょうか?色は人々の感情や行動に大きく影響します。これは色彩心理学という分野で実証されています。そこで、商業店舗や飲食店の看板の色選択は非常に重要です。

例えば、昼夜問わず目立つ看板を作りたい場合、色の選択は重要です。昼間は明るい色が目を引きますが、夜は明るい色への強いコントラストがある色が引き立ちます。そして、遠くからでも分かる、インパクトのある配色を選ぶことが大切です。

しかし、色選びは目立つだけでなく、ブランドイメージや訴求するメッセージにも寄与します。例えば、赤色は活力や欲望を呼び起こす色とされ、よくファストフード店で使われます。緑色は自然や健康を象徴し、健康志向のカフェでよく使われます。使う色や配色は、店舗の性格を表現し、客にそのイメージを強く伝えます。

業者に依頼するメリットと費用

これまで自作でのコンテンツ作成についてご紹介してきました。

ここからは業者依頼について解説していきます。

まず業者依頼の最大のメリットとしては、「コンテンツのクオリティの高さ」です。やはりせっかくよいデジタルサイネージ機器を導入してもうつすコンテンツが不足していると最大のパフォーマンスが発揮できません。

特に、企業のブランドイメージを上手く表現するコンテンツは必要です。それには専門的な知識や最新のトレンドへの理解が必要です。

そこで気になるのが業者依頼の価格です。コンテンツの規模にもよりますがカメラなどの撮影クルーが必要になると数十万円するケースがほとんどです。そのため費用とクオリティの兼ね合いから決めていく必要があります。

グローバルステージでは、デジタルサイネージをご購入いただいた方限定で格安でのコンテンツ作成を承っております。お気軽にご相談ください。

デジタルサイネージの購入・設置レンタルのことならお任せください!

グローバルステージは2017年より日本一安いLEDビジョン会社としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方にもっと身近にをスローガンに多くのイベントに携わってきました。

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・レンタルは グローバルステージ までご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)