ネットワーク型デジタルサイネージ機器について|活用方法や無線での注意点について解説!

ネットワーク型デジタルサイネージ機器について

ネットワーク型デジタルサイネージとは

デジタルサイネージは、機器とネットワークを用いて情報を的確に提供するテクノロジーです。無線lanや無線通信を活用することで、場所を選ばずに迅速に情報を発信し、また受信することが可能となります。また、インターネットに接続すれば、情報の更新も即座に行うことができます。ここで紹介するのは、そのような技術を具体的にどのように活用していくか、というネットワーク型のデジタルサイネージについての情報です。

ネットワーク型デジタルサイネージの4つの利点

ネットワーク型デジタルサイネージとは、Wi-Fi等のネットワークを通じて表示内容をコントロールするツールです。これは、その運用の幅とバリエーションがスタンドアロン型に比べ、格段に広く豊かであることを意味しています。では、ネットワーク型デジタルサイネージを導入することで得られる具体的なメリットは何なのでしょうか。以下に、その4つの大きな利点を詳しく解説いたします。

1. 遠隔から無線でデジタルサイネージに接続できる

「ネットワーク型デジタルサイネージ」、これは近年企業における情報発信の一環として注目を浴びています。その最大の特徴と利点は、遠隔から無線での接続・操作が可能という点に尽きます。インターネット環境とWi-Fiが整っていれば、世界中どこからでも繋がり、コンテンツの操作が可能となります。

地理的に拠点が離れていても、ネットワークを介した情報共有が可能であるため、遠方からでも円滑な運用が実現します。これにより、情報の発信及び管理が一元化され、時間や場所に縛られる事なく柔軟な対応が可能となります。

2. コンテンツの更新や変更がリアルタイムに行える|クラウド機能

業態や用途に応じて、ネットワーク型デジタルサイネージの柔軟なコンテンツ更新・変更が可能です。 在庫状況や天気予報、イベント情報など、リアルタイムで変化する情報を、クラウド上で管理することで遠隔操作による即時更新が可能で、これにより店頭での鮮度の高い情報提供が効果的に行えます。 その結果、販売フロアの円滑な運用や、最新情報を求めるお客様のニーズに対応することも可能となります。

3. 複数のデジタルサイネージを本部で一元管理できる

デジタルサイネージという機器を用いた情報発信方法には、一つの操作画面から複数のデジタルサイネージを管理できる、ネットワーク型という形態が存在します。つまり、大量のデジタルサイネージを展開している企業であっても、一括での表示内容のコントロールが可能となる点にあります。こうした一元管理が可能となるのは、ネットワークとソフトウェア、アプリの組み合わせによるものです。表示内容の変更や配信指示を一つの操作画面から行うことで、運用の効率化が図られ、それに伴い、コスト削減に直結するのです。

ネットワーク型デジタルサイネージの導入に4つの必要な設備

1.セットボックス

ネットワーク型デジタルサイネージの運用に必要不可欠な「セットボックス」は、インターネットと接続して、LEDビジョンに動画やテキスト・画像などコンテンツを表示させる機材のことです。そのため、品質の高いセットボックスを導入することは、安定した表示や迅速なデータ通信を保証し、最終的な視聴者体験を向上させることに繋がります。

2.インターネット環境

インターネットを駆使するネットワーク型デジタルサイネージは、情報配信の中枢にインターネット環境が広く使われています。そのため、安定した発信を実現するためには、質の高いインターネット環境が不可欠となります。

しかし、基本的に問題なく携帯などが操作できている通常のネット環境があれば導入可能です。

3.コンテンツ管理用パソコン

適切なネットワーク型デジタルサイネージの運用には、コンテンツ制作や管理を行うパソコンの設備が必要です。基本的に通常のパソコンで問題なく使用できます。

4.コンテンツ制作・配信管理ツール(アプリ)

ネットワーク型デジタルサイネージの最適な活用には、コンテンツ制作や配信を管理するツールが必要です。

グローバルステージで使用するツールでは、スケジュール作成やコンテンツのリアルタイムの変更など様々な機能が搭載されています。

デジタルサイネージを表示するまでの全体像と流れ

ネットワーク型デジタルサイネージの導入時の注意ポイント

まず一つ目は、ネットワーク環境や関連設備についてです。有線から無線へなることで遠隔操作が可能になり非常に便利になってきました。その中でもwifiなどの無線は有線に比べてその場の環境に非常に影響を受けやすいです。

そのため無線での操作を行う場合、障害物やルーターの位置などの環境に注意する必要があります。

二つ目に、適切な運用方法についてです。情報の更新頻度や表示内容も導入の成功を左右します。一方的な情報伝達だけでなく、時には視聴者の反応や意見を取り入れ、より魅力的で効果的なコンテンツ作りを心掛けることが大切です。

グローバルステージでは導入からコンテンツ作成までトータルサポートを実施しています。お気軽にご相談ください!

デジタルサイネージの購入・設置レンタルのことならお任せください!

グローバルステージは6年前より日本一安いLEDビジョン会社としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方にもっと身近にをスローガンに多くのイベントに携わってきました。

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・レンタルはグローバルステージまでご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)