動画広告(デジタルサイネージ)の効果とメリット

科学的視点からの動画の優位性

a. 「動き」によるアプローチ

人は元来、動くものに目が奪われやすい性質を持っています。敵から身を守り生き残るために、人間は本能的に「動き」に対して注意を払うためです。
世の中に無数の広告やコンテンツが存在する中、多くの人々の注意を引きたい企業にとって、「動き」を伴ってメッセージを伝える動画は人々の目を引く上で有力な手段と言えます。

b. 多くの情報が瞬時に正確に伝わり、静止画よりも印象に残る

静止画と比べて、より多くの情報が動画広告だと伝達できる点も効果が高い理由といえます。また音響機材を合わせてBGMやナレーションなども加えると視覚と聴覚両方に訴えることも可能になります。また、静止画に比べて印象に残りやすいことも動画の魅力の一つです。
顧客が静止画看板を長時間見てくれることはほとんどありません。一瞬視界に入って興味がなかったり印象的でない場合すぐに視界から外れてしまいます。つまり看板による集客は中身云々にかかわらず、その一瞬で印象を与えるかが勝負になってきます。その点、動画ならどうでしょうか?仮に興味がない内容だったとしても無意識に見てしまっていることも多々あるでしょう。

c. 感情を動かす

ミラーニューロン細胞(別名:”モノマネ細胞”)により、他の人の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように脳内でシミュレーションすることができます。笑顔の人を見ると、自然と笑みがこぼれてしまうのも、この細胞の働きによるものです。
この脳の性質を利用し、動画広告を介して顧客との感情的なつながりを生み出すことができます。この感情的なつながりは静止画では出すことの難しい信頼感や説得力をもたらします。そして感情的つながりは人のさまざまな選択や行動に大きく影響を与えることが期待されます。また、人々は感情を動かされると動画の内容と感情を一緒に脳に記録するため、記憶の変容が起こりにくく、長期的に定着しやすいと言われています。
アメリカ国立訓練研究所の「ラーニングピラミッド」によると、文字を読んだ際の記憶定着率が10%なのに対し、オーディオビジュアル(=動画)を視聴者した場合では20%になるという報告もあります。つまり視覚と聴覚を通して情報を伝達する動画は、文字よりも2倍、記憶に残りやすいのです。