LEDビジョントラックとは?アドトラックなどについても解説-LEDビジョンレンタルはグローバルステージへ

こんにちはグローバルステージ編集部です。

グローバルステージ編集部では日々、LEDビジョンやデジタルサイネージの知識やトレンドについて情報を発信しています。

簡単30秒で完了!相見積もり大歓迎!
最短翌日レンタル可能!

メール:info@gloval-stage.com
電話:06-6681-0888
(受付時間:365日 9時~21時)

LEDビジョンレンタル会社

LEDビジョントラックとは? メリットや注意点、導入事例について解説!

本記事では近年、需要が高まりつつあるLEDビジョントラックについて解説いたします。

先端の広告媒体として活用のできるLEDビジョンですが本来、壁やアルミトラスへの設置が一般的でした。しかし、その柔軟な設置ができるLEDビジョンの特性を生かした設置方法の一つであるトラックへの設置が注目を集めています。

LEDビジョントラックとは?

イベントで大活躍のビジョンカー

LEDビジョントラックとは、ズバリ!LEDビジョンをトラックの荷台に設置したものを示します。

そして、そのビジョンに静止画や動画などを大画面で鮮明に映し出します。高い視認性と機動性を活かし、街中やイベント、キャンペーンの現場など、さまざまな環境で注目を集めます。

実際に商品のローンチイベントやセールスプロモーションにLEDビジョントラックを利用する企業は多くターゲット顧客層が集まるエリアやイベントに応じた動的でインパクトのある映像広告を展開し、優れた効果を実現しています。

今話題のアドトラック

アドトラックとは、ビジョンカーと同様に、LEDビジョンをトラックの荷台に設置したものを示します。

主な用途としては、街中などを走行して、宣伝動画を流す、主に宣伝広告媒体として活用するものになります。高い視認性があることから高い訴求効果をもたらします。

しかし、地域によってはアドトラックが禁止の場所などもあるため注意が必要です。

LEDビジョンをトラックに搭載するメリット

メリット1.広告の切り替え時に施工が発生しない(アドトラックについて)

広告はビジネスシーンで活発に展開され、常に新鮮さを保ちながらターゲットに効果的にリーチする手段が重要です。屋外広告看板では、広告を更新する際に新しい印刷物を作り、看板に貼り付ける必要がありますが、LEDビジョントラックを使うとデジタルでコントロールし、広告内容を即座に更新できます。この柔軟性により、実際の広告制作と設置にかかる時間とコストを削減できます。

特に期間限定のキャンペーンや短期間で多くのメッセージを伝えたいイベントでは、LEDビジョントラックは大きな価値を発揮します。広告の交換作業で必要だった施工スタッフの調整や工程管理が不要になり、作業効率が大幅に向上します。臨機応変に広告を変更でき、その都度最も魅力的な広告の表示が可能です。さらに、広告内容を事前にプログラムしておけば、指定した時間や場所で自動的に更新されるので管理の手間も軽減されます。

LEDビジョントラックの導入は、広告媒体に関心がある企業や個人にとって、時間とコストの節約だけでなく、広告効果を最大限に引き出すための重要な戦略です。デジタル技術を活用した広告の柔軟性と調整能力は、現代のマーケティング活動で大きなメリットとして期待されています。

メリット2.さまざまな方向から視聴してもらえる(アドトラックについて)

アドビジョントラックは全方位からの視認性に優れ、動きながら周囲の人々にアピールすることが可能です。市街地やイベント会場の周辺を巡行し、どの角度からも視認しやすく、従来の広告よりも多くの人の注意を引きやすくなります。

視認性が高いLEDビジョントラックは広告のリーチを大きく拡大し、潜在顧客への到達効率を最適化します。移動するビジョンが作り出すダイナミックな映像は記憶に残りやすく、消費者に強い印象を与えます。この結果、広告への関心が高まり、ブランド力の向上に寄与します。

変化する都市の中で目を引くLEDビジョントラックは、展開能力の柔軟性と深い印象を与える能力で、マーケティングツールとして非常に有効です。導入事例により効果が証明されており、広告媒体を探している企業や個人にとってこの新しい広告手法を積極的に活用する価値があります。

メリット3.LEDビジョンの設置・撤去を簡略化できる(ビジョンカーについて)

通常の設置方法に比べて、LEDビジョントラックは、従来手間とコストを要していた設置や撤去の問題が効果的に解決され、イベントやプロモーションの質が向上します。

専門的な設置スキルや長時間の作業が不要となり、LEDビジョンをトラックに搭載することで、いつでもどこでも容易に設置が可能です。

さらに、トラックの高さからLEDビジョンを設置するため、地面から高さを出すことが可能です。

メリット4.外部電源がなくても設置できる

LEDビジョントラック導入は、外部の電源に依存せず、どこでもデジタル広告を実現できるものもあります。安定した電力供給が困難な地域やアウトドアイベントで特にその価値を発揮します。車両には自己発電システムが装備されており、継続的に電力を供給することで、広告媒体の停滞や中断のリスクを軽減します。

この自立型エネルギーシステムにより、LEDビジョントラックはさまざまな場所で柔軟に広告を展開できるため、地域に依存しない広告戦略を展開したい企業に特に有効です。例えば、人里離れた自然豊かな場所や電源が確保しにくい野外フェスティバル、移動する展示会など、従来のLEDビジョンで展開困難だった環境でも、効果的にメッセージを伝えることが可能です。

さらに、非常時や災害時の情報提供ツールとしての役割も期待されています。電源が断たれがちな状況でも稼働し続け、重要な情報の伝達手段として機能する可能性があります

アドトラックの注意点

注意点1.人が前を通ると映像が見えなくなる恐れがある

LEDビジョントラックは、鮮やかな映像で市内を移動し、多くの人へインパクトのあるメッセージを伝える効果的な広告媒体です。広告は新鮮な驚きと興味を喚起し、記憶に残るようデザインされています。ただ、注意点として、トラックが停車中や信号待ちで、人々の往来が多いエリアにいる際に、通行人が映像の視認を妨げる可能性があることを理解しておく必要がありますこの状況を防ぐため、映像の再生タイミングに注意したスケジュールを組むことが大切です。可能であれば、人の流れに合わせて映像の内容を調整し、視認性を高めることが推奨されます。さらに、配置やサイズに工夫を凝らし、どんな状況でも注意を引く計画を立てることが望ましいです。LEDビジョントラックを導入する際には、これらの点を考慮し、企画を進めることが広告効果を最大化する鍵です。

注意点2.街の環境を乱すリスクがある

LEDビジョントラックの利用時には、その鮮やかで大画面の特性から、街の環境に与える影響を考える必要があります特に明るいLEDディスプレイは、夜間や霧の日に過度な明るさで景観を損ない、ドライバーや歩行者の注意を散らす可能性があります。このリスクを回避するため、事業者は市町村の条例や規制を入念に確認し、慎重に対応する必要があります。

具体的には、夜間や早朝にはLEDビジョントラックの照度を調整し、安眠阻害や乱反射による視覚的障害を減らすことが重要です。昼間でも直射日光下での鮮明な映像表示を心掛けながら、周囲の環境と調和した運用が求められます。

音響面でも配慮が必要です。LEDビジョントラックにスピーカーを搭載する場合、騒音問題を避けるために、交通の安全や住環境に配慮しながら慎重に使用することが大切です。このバランスを取ることは、街の環境を守りつつ広告効果を最大化する鍵です。

広告を行う企業や個人がこれらの指針に従い、画面の明度やコンテンツ出力、音響使用について熟考すると、公共の安全と快適性を損なうことなく、メッセージを効率よく伝えることができます。

デジタルサイネージの購入・設置・レンタルのことならお任せください!

当社(有)グローバルステージは2017年より日本一安いLEDビジョン会社としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方にもっと身近にをスローガンに多くのイベントに携わってきました。

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・設置・レンタルは 当社(有)グローバルステージまでご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)