LEDビジョンとは?基礎知識から販売・レンタル価格まで徹底解説!

LEDビジョンとは?価格や選び方などを徹底的に解説します!

この記事では、LEDビジョンの購入やレンタルを考えている方にLEDビジョンの基本知識から価格や選び方などについて解説していきます。

LEDビジョンの基本知識

LEDビジョンとは

LEDビジョンとは、LED(発光ダイオード)を活用した大型ディスプレイを指します。これは一般的なテレビやパソコンのモニター同様、映像や文字を表示させる機能をもっていますが、実際の利点や特徴は大きく違います。

LEDビジョンは、輝度が高い特性をもつため、屋外の明るい日中でも鮮やかな映像を投影することが可能となります。この特徴がLEDビジョンを一般的なモニターやプロジェクターとは異なる大きな要素の一つです。

さらに、サイズはどこまでも大きくすることが可能であるため大型で視認性が高いという性質も持っています。これにより、広範囲からでもはっきりと映像を見ることができ、より多くの人々に情報を伝えることが出来ます。そのため、大規模なイベントや広告などで多く用いられています。

以上の特性により、LEDビジョンは設置場所や使用方法に左右されず、自由度の高い情報伝達や広告手段として多くの方々から注目されています。

LEDビジョンの発光原理と仕組み

LEDの発光はダイオードが担っています。そして、そのLEDの持つ優れた特性により、LEDビジョンは他の発光装置(蛍光灯やハロゲンランプ等)と比較して消費電力が少なく、しかも高い輝度を実現します。電流を流すだけでダイオードが直接光を発する為、経時的な輝度低下や発色変化も少なく、長期間にわたって美しい映像投影が可能です。

LEDビジョンはそうしたLEDの特性を最大限に生かすため、一般的にモジュール構造を採用しています。これはつまり、複数のLEDを組み合わせて一つの画素を形成し、その画素がビジョン全体を形成する形になります。モジュール化することで、適切なリフレッシュレートを保ちつつ、明るさや色の均一性を確保することが可能となります。

さらにLEDビジョンの性能を引き立てる役割を果たしているのが、コントローラーです。これが映像や文字、色彩など、LEDビジョンへと映し出す要素を一元管理し、最適化するための命令を送ります。このようにLEDビジョンは緻密なテクノロジーと優れた管理システムにより、鮮烈な映像を長時間安定して現し続けることができます。

LEDビジョンの5つのメリット

LEDビジョンのメリットとして、高輝度、サイズ変更の自由度、活用場の多様性、省エネ性、メンテナンスの容易さといった5つのメリットについてみていきましょう。

1.高輝度:液晶と違ってLEDは非常に明るい

LEDビジョンとは、屋外での視認性を考慮したデジタルサイネージの一つです。非常に高い輝度を持つ特徴から、液晶モニターと比較してその明るさが一際目立ちます。その明るさの秘密は、LEDビジョンが個々のピクセルに直接電力を供給し、光を放出するという点にあります。これはLEDビジョン独自の方式であり、液晶モニターが用いるバックライトという間接的な照明方法とは異なります。

この直接的な光源供給方法により、LEDビジョンは日中の強い日差しの下でも、視認性を確保することが可能です。

2.サイズ変更の自由度:複数のLEDパネルを組み合わせる


LEDビジョンというディスプレイはその構造がモジュール式となっており、設置する当該スペースや目的に応じてサイズや形状をカスタマイズできる優れた特徴をもっています。これは言い換えると、ビルの壁全体をスクリーンに変えて設置したり、個性的な形状のステージ背景に適応させたりと、ユーザーの求める規模感や使途に柔軟に対応できるということです。

この自由自在なサイズ調整が可能なLEDビジョンは、一つ一つのLEDパネルを組み合わせることで、画面全体の大きさや比率を自由に設定できるのです。コンサートや展示イベントのステージ背景はもちろんのこと、ビルの壁一面を覆うような大規模な広告や、街中の看板といった様々な場所でその存在感を発揮します。因みに、形状の変更も自在に行えるため、通常の四角形以外のユニークな形状への対応も可能です。これにより、あらゆるニーズに即したビジュアル表現が可能となります。画面全体を使った大迫力の映像、ダイナミックな情報伝達は、視覚への訴求力が絶大となります。

3.活用場の多様性:LEDパネルは防塵、防水設計


屋外用のLEDビジョンは、LEDパネルが防塵や防水性に設計されています。これにより、屋外・屋内問わずどこにでも設置が可能です。またイベントやコンサート会場などで頻繁に使用されるLEDビジョンは、雨天やホコリの多い環境でもその性能を発揮します。

屋外で使用することができるLEDは看板だけでなく、音楽フェスやサッカーの試合などの大型イベントで利用されることも多いのです。

4.省エネ性:消費電力も低く、電気代が低価格

LEDビジョンは、優れた低消費電力性を活かした、エコロジーと経済性を両立させた最先端の映像表示装置です。この特性は主にLED電球の技術に由来しています。このLED電球は従来の電球と比較して消費電力が大幅に少ないため、長時間操作しても電気代を抑えることが可能です。

具体的に液晶モニターとの比較例を記述します。
LEDビジョンの明るさは最大6000~7000カンデラにもなります。一方で液晶モニタは300カンデラ程度となっており明るさに関してはかなりの差が存在します。しかし、消費電力に関しては、LEDビジョンが約800W程度で液晶モニターが約700Wと差は僅かです。またLEDビジョンのコントローラーには輝度調整機能があり、環境に合わせて輝度を管理できるため実際は想定より低くなることがほとんどです。

5.メンテナンスの容易さ:外面の一部故障などにも対応できる


LEDビジョンの魅力の一つは、そのメンテナンス性の高さにあります。LEDビジョンはモジュール式設計という独自の構造を持っており、一部が故障してもその部分だけを取り外し、交換・修理することが可能です。これが意味するのは、たとえ小さなトラブルが発生したとしても、全体を修理したり交換したりする必要がないということ。それぞれの部品に対する対応が可能なため、迅速かつ効率的に問題解決に向けた対応が可能となります。

LEDビジョンの選び方|3つのポイント

最適なLEDビジョンを選ぶための3つのポイントについて解説していきます。

1:LEDビジョンのピッチサイズと適正視認距離について


1つ目のポイントは「ピッチサイズと適正視認距離について」解説していきます。

LEDビジョンを設置する際には、適切なサイズ選びが求められます。そしてそのキーとなるのが「ピッチ」と「解像度」です。ピッチとは、LEDチップ間の距離を意味し、これが大きいほどドット間の距離が広がり、ゆえに解像度は下がる傾向にあります。
また、このピッチサイズにより視認距離も変化します。ピッチが小さいと視認距離も短く、ピッチが大きいと視認距離も長くなるという特性があります。これらを踏まえた上で、用途や設置場所に応じて最適なLEDビジョンを選ぶことが重要です。

LEDビジョンの最適視認距離

2:LEDビジョンの設置場所について

LEDビジョン選びの重要なポイントの一つが、設置場所の選択です。設置場所、つまり屋内か屋外かによって必要となる素材や耐久性が大きく変動します。特に、屋外での設置をお考えの方は、LEDビジョンに対する防水性や耐候性の要件が高まります。太陽が昇る角度なども考えて最適な輝度のLEDビジョンを選択することが重要です。

3:解像度について

解像度とは、LEDビジョンが映し出す映像の鮮明さを示す重要な数値指標です。具体的な事例で言うと、解像度が高いほど、画像の細部まで詳細に表示されるため、視覚的に鮮明な映像を楽しむことが可能です。しかし、その一方で、解像度が高ければ高いほどLEDビジョンの価格も上昇します。そこで重要になるポイントとして前述した適正視認距離です。

グローバルステージではLEDビジョンのどんなご相談も承っております。お気軽にご相談ください!

LEDビジョン価格相場

購入の場合|屋内用は10万円程度で屋外用は30万円程度

屋内用は、LEDビジョン本体の初期費用では、屋内用のLEDビジョンは10万円程度から、屋外用のLEDビジョンは30万円程度です。

屋内用は基本的に近くで見る必要があるため詳細ピッチが必須です。1㎜代の超繊細ピッチになってくると値段はかなり上がってきます。屋外用は直射日光にめけないためにも高輝度の性能が必須です。

レンタルの場合|1日1枚5000円から

「レンタルの場合」では、スポットで使用したなどのニーズの方にお勧めです。一日あたりのレンタル料金は、ビジョンの大きさやレンタル日数により変動します。通常、大型LEDビジョンの1日当たりのレンタル費用5000円から1万円程度です。しかし、これはあくまでビジョン本体のレンタル費用であり、設置・撤去や運搬にかかるコストは別途発生します。ほとんどの業者はLEDの本体価格の2倍ほど金額をその他の費用で要求してきます。

つまり、レンタルを考える際には大型LEDビジョンのレンタル基本料金だけでなく、必ず設置・撤去の手間や運搬費用など、それ以外に必要な費用も忘れず見越してください。これを怠ると実際には予想以上の支出が発生することもあります。

社では単体価格はもちろんのこと、安心のコミコミパックの価格を提示しています。ぜひLEDレンタルはグローバルステージへご相談ください。

LEDビジョン購入時に知っておくべき3つの法令

LEDビジョンを、デジタルサイネージ用看板として使用する場合に事前に把握しておくべき法律がいくつかあります。今回はその中の特に重要な3つの法令についてご紹介します。

工作物確認申請

LEDビジョン設置に必要な手続き「工作物確認申請」について解説します。

設置を行う際には「工作物確認申請」が必須となります。これは建築物や設備の安全性を確保するために重要な法律上の手続きで、専門的な知識と経験が必要です。

一般的には、この手続きを建築士に依頼することが多いです。専門家による適切な申請を行うことで、法令順守のもと安全にLEDビジョンの設置が可能となります。

景観条例

様々な地方自治体では、その特色ある風景に調和する形で、視覚的な妨げとならないように、LEDビジョンの設置位置や規模に独自の制限を設けるために「景観条例」が定めれれている場合があります。

そのため「景観条例」への理解は必須であり、地元の市町村の情報を十分に収集し、利用するLEDビジョンの最適な設置条件を把握してから準備を進めていきましょう。

屋外広告物条例

LEDビジョンを屋外の広告媒体として使用する際にはこの条例を必ず把握し、遵守する必要があります。具体的な条例内容は、自治体によって異なる場合が多いですが、広告を掲示する際のサイズや形状、そしてLEDビジョンが放つ色や輝度に制約が設けられていることが一般的です。

この屋外広告物条例は、街並みを美しく保つだけでなく、安全性を確保するためのものでもあります。よって、屋外にLEDビジョンを設置する際には、必ず地元自治体の条例をチェックし、適切な設置方法を実行しなければなりません。

LEDビジョンは広告効果に優れたメディアですが、その使用に際しては法令遵守が大前提となります。地域社会との共生を図りながら、効果的な広告コンテンツ作りに取り組むことが求められるでしょう。

LEDビジョンの耐用年数及び平均保証年数


LEDビジョンを設置を考える際、その耐用年数は気になるポイントの一つでしょう。また、メンテナンスの頻度や必要性も考えられます。ここでは、製品ごとの特性やメーカーのメンテナンスの仕組みも踏まえ、LEDビジョンの耐用年数と平均保証年数について具体的に説明していきます。

LEDビジョンは、その品質や設置条件、使用方法によって耐用年数が大きく変動します。そのため、一概には言えませんが、適切なメンテナンスを行うことで、より長い耐用年数を確保できる可能性があります。また、選択するメーカーによっても保証年数が異なります。保証期間が長いメーカーを選ぶことで、安心して使用できるでしょう。

最適なLEDビジョンの選択は、耐用年数だけでなく、製品の品質、設置状況、 使い方、さらにはメーカーのメンテナンスの仕組みなど、様々な要素が絡み合う重要な判断です。それらの情報をしっかりと比較検討し、自分のニーズに最も適したLEDビジョンを選択することが、より良いビジョン体験と長期的な満足感につながります。

グローバルステージでは、安心の二年間無料修理サポートを実施しています。また二年以降も修理サポートは継続してご利用いただけます。ぜひLEDビジョンのご相談はグローバルステージまで!

LEDビジョンの納品までの流れ

納品までの流れ

LEDビジョン・液晶ディスプレイの購入・設置レンタルのことならお任せください!

グローバルステージは6年前より日本一安いLEDビジョン会社としてスタートしました。これまで高価であったために利用できなかったLEDビジョンを、多くの方にもっと身近にをスローガンに多くのイベントに携わってきました。

もちろんレンタルだけでなく販売にも力を入れています。

LEDビジョンの購入・レンタルはグローバルステージまでご相談ください!

簡単30秒で完了!最短当日にお見積り回答!

電話でお問い合わせ

06-6681-0888
(受付時間:365日、9時~21時)